【人狼ジャッジメント】市民の立ち回り・攻略法(人狼J)

【人狼ジャッジメント】市民の立ち回り・攻略法(人狼J)

こちらでは人狼ジャッジメント(人狼J)での「市民」についての紹介と立ち回りを解説しております、人狼ゲームをプレイしていて全然勝てない方、新しい立ち回りを知りたい方などは是非参考にしてみてください!
その他の勝つためのテクニックや攻略法などご存知の方はコメントを頂けるととても嬉しいです!

【人狼ジャッジメント】攻略 Wiki トップページはこちら(人狼J)

↓その他の役職での攻略法はこちら

①市民陣営
市民 占い師 狩人 霊能者 双子 猫又 怪盗 パン屋 市長 狼憑き罠師 逃亡者 賢者 赤ずきん 貴族 奴隷 呪われし者 独裁者聖職者 暗殺者 わら人形 占い師の弟子 女王 巫女 魔女 番犬
長老 生霊 医者 人狼キラー 偽占い師 病人
②人狼陣営
人狼 狂人 狂信者 サイコ 饒舌な人狼 大狼 狼少年 妖術師
黒猫 ささやく狂人 強欲な人狼 賢狼 蘇る人狼 能ある人狼
③妖狐陣営
妖狐 背徳者 子狐
④特殊陣営
恋人 殉教者 ゾンビ てるてる坊主 サンタ ぶた男 コウモリ男

・能力概要

役職名:市民
陣営:市民陣営

なんの能力も持たないただの人。 逆に、なんの能力も持っていないからこそ、 人狼に噛まれることを恐れず、自分の推論を 述べることができる。 ただし、自分から市民であることを明かすことは悪手である。なぜなら特別な役職の潜伏枠を 狭めることになるからだ。 基本的には役職者の盾となり、市民陣営の勝利 のため、処刑されることもいとわない心構えが 必要となる。

・勝利条件

すべての「人狼」の死亡 (勝利したときの役職ボーナス 8pt)
※ただし狐や恋人などの特殊な「上書きで勝利にされる場合」は負けになる時もあります。

・立ち回り方法

基本的には「占い結果」や「霊能結果」をよく確認し、整理した物を発現し推理していく事が大切です。
一見市民は何もする事が無い様に見えますが、中立な視点から考えることが出来るので矛盾に気が付きやすいですので、メモなどを取りながらやることをおすすめします。
また特殊な技として「わざと占いや霊能に名乗り出る」という手もあります、その後少し様子を見たら「狂人などに占いに出られないようにした」というような意見をいって、通常の市民に戻るのも良いです、この手段は一歩間違えれば初日でやられますが、信用されればこの行動は「市民側が有利になるための行動」であり、人狼にはリスクが高いものなので、確定で市民陣営と占われなくても信用されることがあります。
他には基本的に市民は「おとり役」です、わざと狩人を匂わすような発言をして本物が分からないようにするのも良い手段です。
もし吊られそうになった場合はあまり抵抗をせず、最後の瞬間まで「遺言として怪しい人」を伝えるようにすると、その後の展開に大きく影響します。
偽物の占い師にオオカミだといわれた場合には吊られて「霊媒師」に結果を確認してもらうための生贄として行動するのもとても良い決断です。

【人狼ジャッジメント】攻略 Wiki トップページはこちら(人狼J)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です