【Identity V(アイデンティティ)】庭師の能力と立ち回りについて【第五人格】

【Identity V(アイデンティティ)】庭師の能力と立ち回りについて【第五人格】

こちらでは「Identity V」に登場するサバイバーの一人「庭師」について紹介していきます。
Identity V(アイデンティティV)はサバイバー(人間)×4人VSハンター(殺人鬼)の非対称バトルゲームです。
圧倒的人数差にもかかわらずIdentity Vではハンターが圧倒的に強力であり、絶望的な難易度となっております。
サバイバー側は二人生き残り、引き分けるのが精一杯の難易度であり、かなりの頻度で全滅させられることも多く、実力差が大きくなければ中々勝つことが出来ません。
その中で勝つためにはサバイバー選びが重要です、それぞれ能力値が異なっており、立ち回りや使い道が様々です。
今回は「庭師」についてステータスや「外材特質(キャラクター特性)」「立ち回り」「内在人格の網(パーク)」などについてまとめていきたいと思います。

・庭師のステータス、主な特徴

名前:エマ・ウッズ

庭師は主に「ロケットチェア」の破壊に特化したハンターの邪魔役です、基本サバイバーの立ち回りとしては「暗号を解く」「ハンターの邪魔」「仲間のサポート」などがありますが、この庭師は圧倒的ハンターの邪魔が出来ます。
このゲームではロケットチェアに次々と座らせる事で追い詰めることが出来ます、そうしない場合床に置いておくしか手段がなくなってしまうため、圧倒的に時間稼ぎをすることが出来ます。
現状パーティーの中では必須の最強キャラクターです。
庭師は複数いても良いです、ハンターの罠を壊しまくり、あとは地下(椅子のたくさんある部屋)から離れて少しずつ修理を進めていけばたくさんのプレイヤーが生存できる可能性があります。
ただし唯一自分の逃げ切り性能は低い為、狙われてしまうと追い詰められやすいです、自分でロケットチェアを壊している利点、つまり壊れている椅子の場所が分かる事を使いながら逃げましょう。

・外材特質(キャラクター特性)

外材特質名 効果
匠の技 工具箱を携帯し、フィールド内のロケットチェアを破壊できる。破 壊できるロケットチェアの数が多い程破壊速度が速い。基礎修理技術により、工具箱使用時に消費しなくなる。
機械熟知 発生時の判定範囲が50%増大し 、調整発生確率が50%低下する。 「見様見真似で、全員の調整発生時の判定範囲が5%増大し、調整発 生確率が5%低下する。
安心感 ロケットチェアの構造に詳しいた め恐怖心が薄い。ロケットチェア における耐久時間が10%増加す。
荘園旧友 ゲーム熟練者が参加する場合、初心者に比べ、攻撃を受けたあと鋭敏さが加わる。毎回攻撃を受けるたびに獲得する加速時間の伸びは 2秒である。

・庭師の立ち回り

基本的な立ち回りとしては無理せず「自分が生き残る」事を意識して立ち回りましょう。
庭師はハンターから逃げる力が低いです。
役割として重要なのは「ロケットチェア」の破壊です。
確実にたくさん壊すことで、後半戦になるに従いどんどんハンターがサバイバーを縛り付けられなくなってきます。
暗号解読をしつつ、通り道のロケットチェアを片っ端から破壊しましょう。

・最強、おすすめの内在人格の網(パーク)

弱点の「移動の遅さ」を補うために、移動速度の上昇を上げるパークを育成することで逃げやすくなります。
基本は自分がやられないような立ち回りが出来るものを重要視して、縛り付けられたら諦めるくらいの気持ちで能力をあげることをおすすめします。

以上で「庭師」についての紹介を終わります。
「Identity V(アイデンティティ)」の攻略情報を他にもまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

全サバイバ一覧
【医師】の能力と立ち回りについて
【弁護士】の能力と立ち回りについて
【泥棒】の能力と立ち回りについて
【庭師】の能力と立ち回りについて
【冒険家】の能力と立ち回りについて
【幸運時】の能力と立ち回りについて
【機械技師】の能力と立ち回りについて
【オフェンス】の能力と立ち回りについて
【空軍】の能力と立ち回りについて
【傭兵】の能力と立ち回りについて
【マジシャン】の能力と立ち回りについて

サバイバーの立ち回り【攻略】
ハンターの立ち回り【攻略】

最強のハンター(殺人鬼)は?
最強のハンター(殺人鬼)は?

↓【Identity V(アイデンティティ)】攻略トップページはこちら【第5人格】

【Identity V(アイデンティティ)】攻略トップページはこちら【第五人格】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です