【Identity V(アイデンティティ)】泥棒の能力と立ち回りについて【第五人格】

【Identity V(アイデンティティ)】泥棒の能力と立ち回りについて【第五人格】

こちらでは「Identity V」に登場するサバイバーの一人「泥棒」について紹介していきます。
Identity V(アイデンティティV)はサバイバー(人間)×4人VSハンター(殺人鬼)の非対称バトルゲームです。圧倒的人数差にもかかわらずIdentity Vではハンターが圧倒的に強力であり、絶望的な難易度となっております。
サバイバー側は二人生き残り、引き分けるのが精一杯の難易度であり、かなりの頻度で全滅させられることも多く、実力差が大きくなければ中々勝つことが出来ません。
その中で勝つためにはサバイバー選びが重要です、それぞれ能力値が異なっており、立ち回りや使い道が様々です。
今回は「泥棒」についてステータスや「外材特質(キャラクター特性)」「立ち回り」「内在人格の網(パーク)」などについてまとめていきたいと思います。

・泥棒のステータス、主な特徴

・名前:クリーチャー・ピアソ

板や窓枠から逃げる能力が高く、ハンターを引き付けるのにうってつけのキャラクターです。
さらに初期から持っている「懐中電灯」はハンターを正面から一定の間照らし続けると、スタンさせることが出来ます。
懐中電灯は照らしながら後ろに移動も出来るため、これをやられたハンターは分かると思いますが、全然サバイバーに追いつけず、苦戦を強いられる方も多いと思います。
ただ少し慣れが必要なので、積極的に練習して使いこなせるようにしましょう。

・外材特質(キャラクター特性)

外材特質名 効果
狡猾 懐中電灯を携帯し、ハンターを一定時間照らし続けると、ハンター が気絶状態になる。他所で頂戴し た電池により、懐中電灯の有効時 間が100%増加する。
機敏 機敏な身のこなしによって、板・ 窓を乗り越える速度が15%上昇する。
収集癖 悪癖が治らず、暗号解読時にしばしば部品を盗む。全員の暗号機の調整発生確率が10%上昇し、調整の判定範囲が10%縮小する。
ピッキング 高いピッキングスキルを持つ。見様見真似で、全員の箱を開ける速度が100%上昇する。

・泥棒の立ち回り

おとり役として泥棒は立ち回ると、時間が特に稼ぎやすくおすすめです。
ただし少しテクニックが必要なので最初のうちは死にまくってしまうのですが、頑張ればとても良いキャラクターです。
板や窓を乗り越えるスピードや懐中電灯のアイテムを上手く活用し、自分がおとりになっているすきに暗号解読をたくさん進めてもらいましょう。
仲間を信じておとりになる、これが一番強いです。

・最強、おすすめの内在人格の網(パーク)

パークとしては「逃げる性能」を上げることで、元から高い逃げ性能をさらに上げることが出来ます、一人でも敵を引き付け、時間を稼ぐことが出来ます。
もし懐中電灯が使いにくいなら宝箱から他のアイテムを探して立ち回りましょう。

以上で「泥棒」についての紹介を終わります。
「Identity V(アイデンティティ)」の攻略情報を他にもまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

全サバイバ一覧
【医師】の能力と立ち回りについて
【弁護士】の能力と立ち回りについて
【泥棒】の能力と立ち回りについて
【庭師】の能力と立ち回りについて
【冒険家】の能力と立ち回りについて
【幸運時】の能力と立ち回りについて
【機械技師】の能力と立ち回りについて
【オフェンス】の能力と立ち回りについて
【空軍】の能力と立ち回りについて
【傭兵】の能力と立ち回りについて
【マジシャン】の能力と立ち回りについて

サバイバーの立ち回り【攻略】
ハンターの立ち回り【攻略】

最強のハンター(殺人鬼)は?
最強のハンター(殺人鬼)は?

↓【Identity V(アイデンティティ)】攻略トップページはこちら【第5人格】

【Identity V(アイデンティティ)】攻略トップページはこちら【第五人格】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です