【Identity V(アイデンティティ)】軍事工場のマップ・地図について【第五人格】

【Identity V(アイデンティティ)】軍事工場のマップ・地図について【第五人格】


こちらではIdentity V(第五人格)の「軍事工場」のマップ・地図について紹介しております。
サバイバーの弁護士は最初から見れるもので、とても便利な能力です。
マップの構造は固定ですが、暗号機などはランダムで出現するため、大体の位置で覚えるのをおすすめします。

・軍事工場のマップ・地図集

軍事工場は2つの大きな建物がありますが、バランスの良いステージです。
ハンター側にとっては立ち回りやすく、危険性は高いです。
このマップで重要となるのは「中央」の暗号解読機であり、これが戦いにおいては大きく宣教の変わる要素ですので意識しておくと勝率は上がります。

・サバイバー側の軍事工場マップ(地図)での立ち回り

軍事工場のマップで最も危険性の高い場所は「中央」です、この場所に二つ残ってしまい、後半戦に行くと絶望的な難易度になってしまいます。
なので、スタート時近くに暗号機があったとしても、先に中央を早めに解読するのをおすすめします、ただし解読機が多いときでもハンターに見つかる可能性は非常に高いです、それでも序盤のうちに解読する価値のある場所です。

・ハンター側の軍事工場マップ(地図)での立ち回り

ハンター側は「見つけやすい中央」の暗号解読機を特に守りつつ「中央を中心」に他の暗号解読機を探し回りましょう、建物の裏に解読機がある場合もありますが、時間のロスが大きくなってしまうため、あえてそこは無視しても良いです。

・マップ、地図一覧

【軍事工場】での立ち回り
【聖心病院】での立ち回り
【赤の協会】での立ち回り

↓【Identity V(アイデンティティ)】攻略トップページはこちら【第5人格】

【Identity V(アイデンティティ)】攻略トップページはこちら【第五人格】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です