【Identity V(アイデンティティ)】ロッカーの効果や使い道について【第五人格】

【Identity V(アイデンティティ)】ロッカーの効果や使い道について【第五人格】

 

こちらではIdentity Vの重要な要素である「ロッカー」についてまとめていきます。
ロッカーはハンターから逃れる方法の一つとしてとても優秀ですのでぜひ特徴を覚えておきましょう。
注意する点も存在するため参考にしてみてください。

・ロッカーの上手い使い方は?

まずロッカーの特徴としては

①中に入ると「リッスン」や「監視者」や「パペット」にも見つからなくなり完全なステルス状態になる。
②ドアの出入り時音が鳴り、ハンターが近くにいる場合はわずかに聞こえる。
③ハンターに開けられると「1撃で担がれる(ダウン状態)」
④カラスは集まってくる

というものになります。
なので少ない時間でのみハンターの目から逃れるのに使うのをお勧めします。
秒数の目安としては「カラスの集まる時間」を参考にするとよいです。

またその他の注意点としては「足跡は残る」という注意点もあるので、ハンターがかなり近くにいるのにロッカーに隠れてしまうと、急に足跡が途切れることになるのでバレる可能性が圧倒的に上がってしまいます、なるべく距離がある間にロッカーに隠れるというのをするのをお勧めします。
余りロッカーに隠れるという選択をするサバイバーはいないので、ハンター側の結構ロッカーの中を見ない人が多い為、よりおすすめになります。

・時間経過によるカラスの出現

1.暗号解読
2.脱出扉の解読
3.仲間の治療
4.ハンターに見られる、追いかけられる
5.ロケットチェアを壊す

などの行動をしていないと「約60~70秒後」ほどでカラスが集まってきます。
すると一定時間間隔でハンター側に居場所の通知、移動方向まですべて報告されます。
最後の一人になるとこれが「約20秒」で寄ってきてしまうのでより見つかりやすくなってしまいます。

一番簡単な解決法としては「定期的に暗号解読は行う」事です。
さらに言えば「一瞬暗号解読」をして他の行動をする、などで時間をリセットすることも出来るのでかなり重要です。

またカラスの音はロッカーの中にいても見つかってしまうので隠れるのであれば、30秒ほどまでにするのが無難です。

↓【Identity V(アイデンティティ)】攻略トップページはこちら【第5人格】

【Identity V(アイデンティティ)】攻略トップページはこちら【第五人格】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です