【Colony Survival】食料が足りない?初心者必見!絶対に覚えておきたいこと

・絶対に覚えておくべき基本情報

このゲームには独自のシステムがあり、英語では説明があるのですが日本人にとってはまだ分りにくいです。
今回は「必ず困る基本的な情報」についてまとめていきたいと思います。

1.旗を壁で囲むと「食料消費量6倍」

食糧は村人を雇うのに最重要です。
「食料が足りない」と「村人は死亡」します。

一人当たりの食料消費量は「1日5個」なのですが「旗を囲う(出入りが出来ない)」状態にすると6倍の食料消費量になります。
このゲームでの食料消費量6倍は「即全滅レベル」です。

なので危険ではありますが、「弓」「矢」を使いゾンビを倒し防衛しましょう。
夜活動したい場合は、「出入り口を一つだけ設置」し「傭兵」を雇いましょう。

2.傭兵について

傭兵は「弓を装備」し「矢を消費」し防衛をします。必ず「ストレージボックス」に矢を一定数入れておきましょう。
また、「傭兵は寝ない」ので「敵が来れない高さ」に放置すれば、彼らだけは絶対にやられません。

3.敵の数は住民の数に比例する

進めていくうちに敵が増えてきたと感じませんでしたか?
それは「村人の数」に比例して「ゾンビの数」も増えるというシステムがあるからです。
なので急激に村人を増やした日の夜はいつもより警戒をしましょう。

4.食料の種について

食糧を作るには「種」が必要となります。
ベリーと小麦も最初から多くの種を持っているため気にならないのですが、だんだん足りなくなってくるはずです。
「種の入所方法」は「店」を作り「造幣局からゴールドコイン」を作って買わなければいけません。
そのためには「金のインゴット」など「地下から採取した金」を加工して材料を集めたりする必要がある為、なるべく早くから意識しておきましょう。

Colony Survivalでまず覚えておくべきことの紹介でした!
その他の攻略法もまとめていますので是非ご覧ください^^

↓↓攻略まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です