【SKYHILL】ストーリーの内容について、考察(スカイヒル)

【SKYHILL】ストーリーの内容について、考察(スカイヒル)

こちらではSKYHILL(スカイヒル)のストーリーについての内容と考察についてまとめていきたいと思います。
少しこちらは内容としてはプレイ開始時とプレイ後には変わってきます、エンディングを全て見たり、カセットテープを集めていったりするとより深く内容を知ることが出来るため、ぜひいろいろな場所をまわって謎を解明してみてください。

・ストーリー(原文)

この町に数日間の出張のために来た。
短い出張だから。優雅なホテルでもいいんじゃない?

こちらがカギでございます。
最高のスイートをご用意いたしました。素晴らしい眺めと最新の生物学的防衛システムもあります。

この戦争に勝ったようなものだ!連合が絶望した!
悪くなる前に、よくになるでしょう。

悪いことに何も思いつかないよ。
お客様、お部屋から出ないでください。
。。。ニューヨークで下。平静を保って、屋内で待機してください。
生物学的防衛システムを付けてください。生物学的防衛システムがない場合は、一番近いバイオハザードシェルターに行ってください。女性と子供たち。。。

電話をしてみました。。。警察。。。911.。。ただのホテルサービス。。。
外でかなり恐ろしいことが起こっていた。悲鳴がやんだら、おなかをすかせた犬の遠吠えや肉が引き裂かれる声が聞こえた。それから。。。

おなかがすいたから、外に出かけた。
そこは地獄だった。それにしても、餓死するより突然変異によって殺されるほうがいい。まだ希望はある。ここを抜け出す!

・ストーリー(解説)

この物語は「出張」で高級ホテルを訪れたビジネスマンの話です。
ホテルの最上級Vipルームに泊まる事にしました、そこは「完全防衛」のバイオハザードが起こってもウイルスが侵入せず安全、と言えるくらい強力なシェルターでした。
自国は戦争中で、もうほとんど勝ったという様な情報があり、続いていた戦争が終わるのかの様な記事を見つけました。
何となくテレビのニュースを見てみると、敵国から「生物兵器ミサイル」が発射されたという情報があり、シェルターへの非難警告が発令されていました、その後遠くで激しい爆発があります。
今いるVIPルームは安全であるのだが、食料が無く、助けを呼ぼうとします。
おなかが減ってきているのだが外からは「獣の様なうめき声」「襲われている人の声」が聞こえます。
しかし「餓死する」よりは「化け物に食われて死ぬ」方がマシと、考えたジュ人口はわずかな望みをかかえながら脱出を試みます・・・。
安否の不明の家族を探しに・・。

【SKYHILL】エンディングの分岐条件について(スカイヒル)

【SKYHILL】全エンディング内容について(スカイヒル)

・全エンディング後の考察(ネタバレ注意)

全エンディングを見た後「特にTrueEnd」では、目覚める主人公、そして謎の研究者、なぜか平和な外の世界。
という様にオープニングのストーリーとはまったく異なる世界が広がっております。

つまりオープニングで描かれている話は「全て夢の中の世界・精神世界」であり、実際に体験しているわけではありません。
そしてその実験後には「殺される」事が分かります、つまりこの物語の先にはほとんどの場合「死」が待ち受けています。
ただどこから夢だったのか、主人公は壮大な夢の中にかなりの時間いたのかもしれません。

↓SKYHILL(スカイヒル)攻略トップページはこちら

【SKYHILL】攻略トップページはこちら(スカイヒル)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です