【人狼ゲーム】真に疑うべきは何か【究極の心理ゲーム】【入門編】

◦人狼ゲーム

⚪︎基本ルール

人間:人狼を見つけて処刑する

人狼:人間の振りをして人間を食べる

 

です。

⚪︎役職一覧

【人間チーム】

村人:特殊能力無し、人間チーム

占い師:一晩に1人の役職を占う

霊媒師:死者の役職を占う

狩人:一晩に1人狼から守れる

共有者or恋人:もう1人の共有者が分かる

【人狼チーム】

人狼:人間を一晩に1人殺害できる、人狼同士では意思疎通が可能

狂人or多重人格:村人判定のある人狼側の人間

【第3勢力】

狐or吸血鬼:生き残れば単独勝利

⚪︎簡単なゲーム方法

・4人

・役職人数(村人2~3  占い師0~1  人狼1)

この場合の鍵となるのは特に【占い師】の存在です。

・立ち回り例

村人:1.村人宣言をする(通常)

2.占い結果を言う(人狼と村人が混乱)

占い師:1.占い結果を言う(通常)

2.村人宣言をする(人狼から隠れる)

人狼:1.村人宣言をする(通常)

2.占い結果を言う(占い師との心理戦で勝てばゲームの主導権を握れる)

・5人

・役職人数(村人1~4 占い師0~1 霊媒師0~1       騎士0~1 狂人0~1 人狼1~2)

・例(人狼が1人の場合)

・役職:村人1 占い師1 霊媒師1 騎士1 人狼1

このゲームでは人間側が有利となっていますが、人狼の勝つ可能性もかなりあります。

・基本戦術:まず人間サイドには騎士という唯一狼の攻撃を無効化する手段があります。

騎士は狙われやすいので村人になりきるのが良いです、そして守るべき相手は次に狙われやすい占い師や霊媒師となります

しかし逆に狼はそれを読んで村人を狙う場合もあるのでここが心理戦の最大部分となります。

主にこれで読み勝った陣営の勝利になるでしょう。

 

⚪︎まとめ

【少人数(4~5人)の場合】

【人間サイド】

村人:➀村人宣言②身代わりとして別の役職宣言(ゲームが混乱するので人間が負ける可能性があがるかもしれない)

占い師:占い結果を言う

霊媒師:死人が出た翌日霊媒師宣言をする(前日だと狙われる可能性がある)

騎士:村人の振りをして狙われないようにする

【人狼サイド】

人狼:村人内のどれかの役職宣言をするのが基本となります。(ただし役職宣言をする場合本物のその役職と戦う可能性がある)

image

大人数での戦略は次回書きますので是非ご覧ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です