【Identity V(アイデンティティ)】地図の性能について【第五人格】

【Identity V(アイデンティティ)】地図の性能について【第五人格】

・地図について

・開始時所持キャラクター:冒険家

・効果説明

地図を使うことで、大型建築物と未解読の暗号機、脱出ゲートの位置を調べることができる。平常状態は自分と仲間の方向を示し、ハンター が輪郭を見せた時にはその位置が表記される。手書き地図は頻繁に 記号を加えていく必要があり、一定の誤差が生じる。
周りの戦況がかなり把握できるため割と強いです。

冒険家の場合

常に地図を携帯している。地図を使うことで、大型建築物と未解読の暗号機、脱出ゲートの位置を調べることができる。平常状態は自分と仲間の方向を示し、ハンター が輪郭を見せた時にはその位置が表記される。手書き地図は頻繁に 記号を加えていく必要があり、一定の誤差が生じる。良い読書習慣により、地図使用時に消費しなくなる。

【Identity V(アイデンティティ)】弁護士の能力と立ち回りについて【第五人格】

↓【Identity V(アイデンティティ)】攻略トップページはこちら【第5人格】

【Identity V(アイデンティティ)】攻略トップページはこちら【第五人格】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です