【Identity V(アイデンティティ)】香水の性能について【第五人格】

【Identity V(アイデンティティ)】香水(ワープゲート)の性能について【第五人格】

・香水について

・開始時所持キャラクター:調香師

・効果説明

香水を使用するとその状況を「セーブ」、そして一定時間内であれば「ロード」することが出来る能力です。
例:香水をしたとき「体力最大で建物の二階」にいた場合、その少し後に「ダメージを受け外にいた」場合、戻るを選択することで「体力最大で建物の二階」に復活します。

・調香師の場合

調香師は香水を最初から持っています。
香水は「甘い香」噴霧し、その時の体力などの「状態と位置」を記録します。スキルの持続期間中、香辛料は、この期間中に起こったことを忘れて、記録された瞬間の状態および位置にロールバックすることを選択することができます。また香水の消費量が減り、通常より香水を使えます。

【Identity V(アイデンティティ)】調香師の能力と立ち回りについて【第五人格】

↓【Identity V(アイデンティティ)】攻略トップページはこちら【第5人格】

【Identity V(アイデンティティ)】攻略トップページはこちら【第五人格】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です