【Identity V(アイデンティティ)】復讐者レオのストーリー、背景推理目標について【第五人格】

【Identity V(アイデンティティ)】復讐者レオのストーリー、背景推理目標について【第五人格】

こちらではIdentity Vのハンターの一人である「復讐者レオ」のストーリー(物語)についてまとめております。
こちらは背景推理目標として設定されており、「★★★」を達成すると結論として追加の話を見れるのでポイント目的はもちろんこの話の先にある結論を探すために少しずつ進めていくのもおすすめです。
ただものによっては非常に解決が難しい目標もあるので簡単なものから順番に解決していきましょう。
また、敗北したときにその目標は達成されないので基本は勝利優先での立ち回りをしましょう。

・復讐者レオのストーリーと背景推理目標

①怒りの炎

公益精神を復讐と増悪に捻じ曲げた。これこそ怒りの原罪だ。

②執着

ハンターの役目とは、この人たちを然るべき場所に連れていくことだ。

③追跡

標的が隙を見せるのをひたすら待つのもひと つの方法だが、優秀なハンターは、時に自らから攻める。

④怒りのはけ口

胸中の怒りが抑えきれない時は、発散する方法が必要だ。

⑤鬼ごっこ

追跡と逃走は、時に長い道となる。

⑥懲罰

法律事務所で与えられた権限以外で、他人に罰を与えたいという意欲も怒りと呼ぶ。

⑦意表を突く

生活は時にサプライズが必要になる。それはゲームも同じ。

⑧不意を打つ

集中力とはかなり優れた特性だ。少なくともハンターにとってはそうだろう。

⑨止められる者はいない

怒りが頂点に達した時、君を止められるものなんてないだろう?

⑩徘徊者

お前らを探し出してやる。

以上で「復讐者レオ」のストーリーについての紹介を終わります。
キャラクターごとに深く作りこまれているのでIdentity Vの世界観が好きな方はほかのキャラクターについても見てみてください!

↓【Identity V(アイデンティティ)】攻略トップページはこちら【第5人格】

【Identity V(アイデンティティ)】攻略トップページはこちら【第五人格】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です