[進撃の巨人]ストーリー 紹介 まとめ その日人類は思い出した[漫画]

その日人類は思い出した

巨人の恐怖を

 

いってらっしゃい、エレン

目覚めると髪の伸びたミカサ

そして泣いているエレン

 

これは何を意味しているのか

この部分にも様々な考察があります。

 

人類が壁の中に逃げてきて100年

このなかはもう安全だそう思っている人類

そして人類を守る為に結成されたにも関わらず仕事をしない駐屯兵団

 

そして壁の外へ探索する為に編成された調査兵団

 

100人以上で編成された彼らの成果は・・・

 

成果無し死者多数、最悪の結果となってしまった。

 

その後エレン、アルミン、ミカサ 彼らは普段から一緒におり調査兵団、そして外の世界の話をしていた

突如なる轟音、そして振動

その光景は

壁を超える巨人

壁は50mはあるつまり奴は60m程の大きさである

巨人とは

15m程度が最大であった

奴らはなぜかうなじを弱点としており

そして人間を食べる事を目的としている

しかし巨人は食料を必要としない

 

 

エレンは嫌な予感がした

に向かうと瓦礫の下敷きになっている母親

助けようとするエレンとミカサ

 

しかし奥から来たのは

 

巨人である

助けに来た駐屯兵ハンネスも奴の恐怖には勝てなかった

 

握りつぶされそして喰われた母親

その光景を見たエレン巨人を駆逐する事を決心した

 

 

五年後、兵士となったエレン、そしてミカサとアルミンの姿があった。

次回:続編を紹介します

考察まとめも随時更新します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です