[Resistance(レジスタンス)アメリカ最後の抵抗]人類VSキメラ 謎の生物により人類は滅亡へと向かっていた…[PSVita]

1951年8月14日

人類は自由を奪われた。

・レジスタンス アメリカ最後の抵抗PV

・公式サイト

レジスタンス アメリカ最後の抵抗 公式サイト

・ストーリー

pcsc00017_1

1900年代初頭、ロシアで驚異の増殖能力を持つウイルス「キメラ」が発見された。キメラウイルスに感染された者は未知の生物へと変貌し、次々と人間を攻撃する存在となった。

1930年代キメラはその力でロシアを制圧

1949年 ヨーロッパへの侵攻

1951年 自由の国アメリカへ侵攻を開始した

これはとある消防士消防士「トム・ライリー」の目線で語られる人類の抵抗の物語である。

・ゲームシステム

002

キメラと呼ばれる化け物との戦闘をするFPS

3r2r2

「トム・ラリー」は強力な重火器や光学武器を用いて戦う

imageshi7jwkfd

人類では到底叶うはずの無い圧倒的な怪物による侵攻

abomination

人類に未来はあるのか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です