改造ポケモン ~ 「改造ROMの作り方編」~ PART2

 

こちらでは 改造ポケモン 改造ROMの作り方 をまとめようと思います。

↓ポケモンの全ての記事はこちら

関連記事はこちら↓

「iPS一覧編」 PART1 はこちら!
「GBAをPC,iPhone,PSPなどでプレイ編」 PART3 はこちら!
Part1~Part3 までのまとめ記事 はこちら

・改造ポケモン

※プレイでの不具合などは自己責任でお願いします。またソフトダウンロードは禁止されているので各自のご用意をお願い致します。

プレイ方法

※改造ポケモンをプレイするには

元となるゲームソフトをファイル化する
ファイル化したゲームを改造ポケモンに変えるパッチをする
改造ポケモンに変えたファイルをエミュレーターという(仮想ゲーム機)で起動する
とうい手順になります。
今回はこの順番で解説していきます!

・①ゲームソフトのファイル化(吸出し方法)

1-1.ダウンロード(ダメな例)

Googleなどで「ファイアレッド ROM」などで検索すると海外のサイトなどで手に入れることは可能ですが・・・。
※しかしこちらは違法で、ウイルスなどPCがおかしくなる可能性があるのでやめましょう。

1-2.ファイアレッド、エメラルドのソフトからの吸出し

1-2-1.GBA+PCと繋ぐケーブル
(難易度:中)

GBAをPCにつなぐにはULA(またはブートケーブル)と呼ばれるコードが必要となります。ULA(ブートケーブル)は売っている場合もありますが自作することも可能です。
↓ブートケーブルの付属している本
Linuxから目覚めるぼくらのゲームボーイ! Amazonのリンク

↓ULAの作り方
ULA GBA 検索結果

1-2-2.ソフト+GBAかDSか3DS+専用の吸出し機
(難易度:中)

FAリンカー、EZ-Flash、SAGAME、F2A-Writerなどの吸出し機を利用します。様々なツールが在りますので合ったものをお探しください。
GBA専用バックアップツール Amazon

1-2-3.GBAかDS+マジコン
(難易度:高)
マジコン自体が日本では違法となってしまったので入手が困難となっており、現状では不可能だと思われます。

・②iPSパッチの当て方(FR、EM→改造ポケモンに変える)

・用意するもの

ゲームソフトのファイル(エメラルド、ファイアレッド等)
改造ポケモンのiPSファイル(上記の・改造ポケモン 一覧にそれぞれのファイルがダウンロードできます)
iPSパッチソフト
1.WinIPS:Windows用(おすすめ)
2.Lunar IPS:Windows用
3.UniPatcher (Android用)
4.ROM Patcher (Android用)

例:WinIPSでのパッチの当て方(改造ポケモンに変える方法)

WinIPS 0.71こちらからWinIPSをダウンロードしましょう。
WinIPS 0.71ダウンロードしたファイルを解凍または開きましょう。解凍などをして出来たファイルの中のwinipsというアプリケーションがパッチをあてるファイルとなります。

③のwinipsを開くとこのような画面が出てきます。

手に入れた元となるゲームのファイル(.gba)と改造先のipsファイル(.ips)を入れパッチを当てます。

上の順で実行するとしたの画像の一番下にある、名前の変更された(.gba)のファイルが完成します。

この新しくできたファイルをエミュレーターで起動すると、改造ポケモンがプレイできます出来ます。

以上、改造ポケモン ~ 「改造ROMの作り方編」~ PART2でした。

関連記事はこちら↓

「iPS一覧編」 PART1 はこちら!
「GBAをPC,iPhone,PSPなどでプレイ編」 PART3 はこちら!
Part1~Part3 までのまとめ記事 はこちら

↓ポケモンの全ての記事はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です