【Identity V(アイデンティティ)】マジシャンの能力と立ち回りについて【第五人格】

【Identity V(アイデンティティ)】マジシャンの能力と立ち回りについて【第五人格】

こちらでは「Identity V」に登場するサバイバーの一人「マジシャン」について紹介していきます。
Identity V(アイデンティティV)はサバイバー(人間)×4人VSハンター(殺人鬼)の非対称バトルゲームです。圧倒的人数差にもかかわらずIdentity Vではハンターが圧倒的に強力であり、絶望的な難易度となっております。
サバイバー側は二人生き残り、引き分けるのが精一杯の難易度であり、かなりの頻度で全滅させられることも多く、実力差が大きくなければ中々勝つことが出来ません。
その中で勝つためにはサバイバー選びが重要です、それぞれ能力値が異なっており、立ち回りや使い道が様々です。
今回は「マジシャン」についてステータスや「外材特質(キャラクター特性)」「立ち回り」「内在人格の網(パーク)」などについてまとめていきたいと思います。

・マジシャンのステータス、主な特徴

・名前:セルヴェ・ル・ロイ

マジシャンは初期装備として「マジックステッキ」を所持しております、使用するとその瞬間の残像がその場に残り、本物は一定時間透明になります。さらにマジシャンが使うと移動速度が30%上昇するので、とても逃げやすいです、使用回数が二回なのでハンターから逃げれる機会がとても多いので強力です。これはハンターからの逃走だけでなく、仲間のサバイバーが捕まってしまった時や追われている時に救助の可能性を上げることができます。

さらにマジシャンは暗号機解読器のスキルチェックの難易度がかなり下がるため、これが苦手なかたにもおすすめです。ただ、ロケットチェアに縛られてしまうと救助時間が2倍になってしまう為、助けられる可能性が減ってっしまうので注意が必要です。

・外材特質(キャラクター特性)

外材特質名 効果
マジック マジックステッキを携帯し、その場に幻像を作って数秒間自分の身 を隠すことができる。しかし隠れた状態で攻撃を受けると恐怖の一撃が発動する。専門技術により、 マジシャンが隠れた時の移動速度 が30%上昇する。
機敏な手 機敏で器用な両手を持ち、暗号機解読における調整発生確率が 20%低下し、暗号機解読における調整発生時の判定範囲 が20%増加する。
真偽不明 仲間たちはペテンショーによって 、ロケットチェアに拘束されてい るのが本当にマジシャン自身かどうか分からなくなる。マジシャンがロケットチェアに拘束された時 、救援されるまでの必要時間が 100%増加する。

・マジシャンの立ち回り

マジシャンは序盤は暗号解読に集中して、マジックステッキを温存しましょう。基本的に後半に使えるようにキープしておかないとピンチで使えないので序盤のうちは保てるように脱出の準備をしましょう。

・最強、おすすめの内在人格の網(パーク)

パークとしては逃げ回れる能力や暗号解読のものを優先しましょう。マジシャンはロケットチェアに捕まるとなかなか助けるのが難しいので、捕まってしまった場合のことはあまり考えず、パークを構成しましょう。

以上で「マジシャン」についての紹介を終わります。
「Identity V(アイデンティティ)」の攻略情報を他にもまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

全サバイバ一覧
【医師】の能力と立ち回りについて
【弁護士】の能力と立ち回りについて
【泥棒】の能力と立ち回りについて
【庭師】の能力と立ち回りについて
【冒険家】の能力と立ち回りについて
【幸運時】の能力と立ち回りについて
【機械技師】の能力と立ち回りについて
【オフェンス】の能力と立ち回りについて
【空軍】の能力と立ち回りについて
【傭兵】の能力と立ち回りについて
【マジシャン】の能力と立ち回りについて

サバイバーの立ち回り【攻略】
ハンターの立ち回り【攻略】

最強のハンター(殺人鬼)は?
最強のハンター(殺人鬼)は?

↓【Identity V(アイデンティティ)】攻略トップページはこちら【第5人格】

【Identity V(アイデンティティ)】攻略トップページはこちら【第五人格】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です