【Identity V(アイデンティティ)】オフェンスの能力と立ち回りについて【第五人格】

【Identity V(アイデンティティ)】オフェンスの能力と立ち回りについて【第五人格】

こちらでは「Identity V」に登場するサバイバーの一人「オフェンス」について紹介していきます。
Identity V(アイデンティティV)はサバイバー(人間)×4人VSハンター(殺人鬼)の非対称バトルゲームです。圧倒的人数差にもかかわらずIdentity Vではハンターが圧倒的に強力であり、絶望的な難易度となっております。
サバイバー側は二人生き残り、引き分けるのが精一杯の難易度であり、かなりの頻度で全滅させられることも多く、実力差が大きくなければ中々勝つことが出来ません。
その中で勝つためにはサバイバー選びが重要です、それぞれ能力値が異なっており、立ち回りや使い道が様々です。
今回は「オフェンス」についてステータスや「外材特質(キャラクター特性)」「立ち回り」「内在人格の網(パーク)」などについてまとめていきたいと思います。

・オフェンスのステータス、主な特徴

・名前:ウィリアム・エリス

アップデートで追加されたオフェンスは逃げる性能が元からかなり高く、パワーがある為、板を倒す速度、そして板でのハンターのスタン時間が上昇します。
これだけでもかなり強いが、注目すべきはラグビーボールを最初から持っているという点で、これをつかいうと一直線で突進することが出来ます、ハンターにぶつかると気絶させることが出来るため、キャンパーをしてロケットチェアの前から動かないハンターから仲間を救うことが出来るとても強いスキルです。
ただし暗号解読に時間がかかってしまうため、基本は仲間を守る役に徹することをお勧めします。

・外材特質(キャラクター特性)

外材特質名 効果
ラグビー 常にラグビーボールを携帯し、使用時にはボールを抱えて素早くダ ッシュし、力尽きると気絶状態になる。剛健な肉体により、一定距離のオフェンスダッシュでハンタ ーを突き飛ばすことができる。もし突き飛ばされたハンターの背後に別の物があれば、気絶させる時間がさらに長くなる。
運動天賦 抜群の運動天賦と非凡なるパワーを持っている。板を乗り越える速度が20%上昇し、板を倒す速度が50%上昇し、気絶状態にさせたハンターの必要回復時間が15%増加する。
機械音痴 不器用で、機械製品を扱うのが苦手である。暗号機解読速度が30%低下する。
強い抵抗 体が剛健で、ハンターによって風船に縛られた時、抵抗して脱出しやすく、その抵抗速度が10%上昇する。

・オフェンスの立ち回り

自身の逃げ性能を上手く使い、ハンターから逃げて時間を稼ぐのがおすすめです。
暗号解読にはあまり役立てないので、仲間の救助やおとりとしての立ち回りがおすすめです。
ただし自分が縛られるよりは、仲間が縛られて自分が助けるほうが良いので、1度の攻撃を受けたら逆に仲間に助けてもらいましょう。

・最強、おすすめの内在人格の網(パーク)

オフェンスはその逃げる性能の高さをさらに上げることで、ハンターから時間を稼ぎまくることが出来ます。
また、元から風船から逃げやすいので、さらに抵抗して逃げれる速度を上げることで、ロケットチェアに縛られにくく成る為、厄介な存在になれます。
暗号解読のパークを上げることで全体的なバランスが良くもなります。

以上で「オフェンス」についての紹介を終わります。
「Identity V(アイデンティティ)」の攻略情報を他にもまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

全サバイバ一覧
【医師】の能力と立ち回りについて
【弁護士】の能力と立ち回りについて
【泥棒】の能力と立ち回りについて
【庭師】の能力と立ち回りについて
【冒険家】の能力と立ち回りについて
【幸運時】の能力と立ち回りについて
【機械技師】の能力と立ち回りについて
【オフェンス】の能力と立ち回りについて
【空軍】の能力と立ち回りについて
【傭兵】の能力と立ち回りについて
【マジシャン】の能力と立ち回りについて

サバイバーの立ち回り【攻略】
ハンターの立ち回り【攻略】

最強のハンター(殺人鬼)は?
最強のハンター(殺人鬼)は?

↓【Identity V(アイデンティティ)】攻略トップページはこちら【第5人格】

【Identity V(アイデンティティ)】攻略トップページはこちら【第五人格】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です