【Identity V(アイデンティティ)】マップ・地図一覧【第五人格】

【Identity V(アイデンティティ)】マップ・地図一覧【第五人格】

こちらではIdentity V(第五人格)に登場する全てのマップ・地図について紹介しております。
サバイバーの弁護士は最初から見れるもので、とても便利な能力です。
他のキャラクターも「宝箱」から地図を手に入れることが出来ますが、運もかなり必要です、強くなるための近道としてマップの把握というものがありますのでぜひ参考にしてみて下さい。
マップの構造は固定ですが、暗号機などはランダムで出現するため、大体の位置で覚えるのをおすすめします。

・病院のマップ・地図集

ゲーム開始時であっても上の写真のようにある程度の差があります。
中央に「病院」があり、こちらを中心に立ち回る事になります。
一般的に建物の中は「サバイバー」が有利であり、ハンターにとってはこの構造になると困る事が多いです。

・サバイバー側の病院マップ(地図)での立ち回り

重要なのは「病院内」の発電機で
・2階の部屋に1つ
・1階の正面扉から左の小部屋に1つ
暗号機が出現するこの二つがあるか無いかは早いうちに確認しておくと良いです。
この二つは「マップ中央」にあり、壁に囲われているため、ハンターが来やすく見つけにくいです。
なので早い段階でこの中央を解読しておくことで後半の暗号機同士の距離を大きくするのにとても有効です。
もし窓枠の乗り越えが早いキャラクターが多い場合はあえて中央を解読しないのもアリです。

・ハンター側の病院マップ(地図)での立ち回り

ハンターは建物の入り組んだ構造をあまり理解してない場合「病院は完全無視」しても良いです、ここを解読されても、その他を回っていれば、見渡しが良い為サバイバーを見つけやすくなります、もちろん建物の近くを歩くことにはなるので、怯えて暗号解読が進まなくもなります。
そして残った外側では「一か所に固まっている暗号機」を中心に警戒することで、最後の一個が全然発電できなくなり、ジワジワとサバイバーを追い詰めることが出来るのでおすすめです。

病院内を得意としている場合は、残すことをお勧めするが、時間稼ぎされやすく危険でもあります。

・工場のマップ・地図集

工場は2つの大きな建物がありますが、バランスの良いステージです。
ハンター側にとっては立ち回りやすく、危険性は高いです。
このマップで重要となるのは「中央」の暗号解読機であり、これが戦いにおいては大きく宣教の変わる要素ですので意識しておくと勝率は上がります。

・サバイバー側の工場マップ(地図)での立ち回り

工場のマップで最も危険性の高い場所は「中央」です、この場所に二つ残ってしまい、後半戦に行くと絶望的な難易度になってしまいます。
なので、スタート時近くに暗号機があったとしても、先に中央を早めに解読するのをおすすめします、ただし解読機が多いときでもハンターに見つかる可能性は非常に高いです、それでも序盤のうちに解読する価値のある場所です。

・ハンター側の工場マップ(地図)での立ち回り

ハンター側は「見つけやすい中央」の暗号解読機を特に守りつつ「中央を中心」に他の暗号解読機を探し回りましょう、建物の裏に解読機がある場合もありますが、時間のロスが大きくなってしまうため、あえてそこは無視しても良いです。

・赤の協会のマップ・地図集

赤の協会は見渡しが良く、ハンターがサバイバーを見つけやすい構造になっております、しかしマップ上に「板など」の障害物が多い為、上手く障害物を使って逃げられるサバイバーなら特異なマップになります。
基本はハンター有利な場所です。

・サバイバー側の赤の協会マップ(地図)での立ち回り

基本的に見渡しが良い為、ハンターに見つからない様に気を付けましょう、逆にこちら側もハンターを見つけやすくなるため、暗号解読時などまわりをよく確認しましょう。
サバイバー側は「板や窓」などをうまく利用して逃げれるようにチェイスの練習をしておくとこのマップは得意になります。

・ハンター側の赤の協会マップ(地図)での立ち回り

周りが見えやすく、確認しているとサバイバーを見つけやすいです。
なのでこのマップになったら一周見渡してみると走っているサバイバーを見つけることも多いです。
中央の協会内もサバイバーには追いかけやすい環境なのでこの場に追い詰めるのも良いです。

・マップ、地図一覧

【軍事工場】での立ち回り
【聖心病院】での立ち回り
【赤の協会】での立ち回り

↓【Identity V(アイデンティティ)】攻略トップページはこちら【第5人格】

【Identity V(アイデンティティ)】攻略トップページはこちら【第五人格】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です