【Identity V(アイデンティティ)】弁護士のストーリー、背景推理目標について【第五人格】

【Identity V(アイデンティティ)】弁護士のストーリー、背景推理目標について【第五人格】

こちらではIdentity Vのサバイバーの一人である「弁護士」のストーリー(物語)についてまとめております。
こちらは背景推理目標として設定されており、「★★★」を達成すると結論として追加の話を見れるのでポイント目的はもちろんこの話の先にある結論を探すために少しずつ進めていくのもおすすめです。
ただものによっては非常に解決が難しい目標もあるので簡単なものから順番に解決していきましょう。
また、敗北したときにその目標は達成されないので基本は勝利優先での立ち回りをしましょう。

・弁護士のストーリーと背景推理目標

①協力パートナー

成功するビジネスパーソンには、常にひとり以上の頼れるパートナーがいる。

②金掘り師

ゲームのフィールド内にはいいものがたくさんありそうだ。

③独占ニュース

変化の時代だからな、独占ニュースをつか むことが成功へと繋がるんだ!

④勤勉

人は努力したほうが信頼されやすい。少なくとも、努力しているように見せるべきだ。

運命

俺たちが出会ったのは運命だと思う。

⑥自ら災いの種をまく

よく知らない人を招くのはリスキーだ。しっかり覚えておくよ。

⑦隠された嫉妬

あいつはここから消えるべきだ。いや、俺の前に現れないでくれ。

⑧親切ごかし

救いの手を差し伸べたのは情に流されたからではない。もっと大きな利益を勝ち取るためだ。

⑨完璧な計画

あいつは本当に愚かだ。すべては私の手の平にある。

⑩遠くへ逃げる

やっと…成功した。

以上で「弁護士」のストーリーについての紹介を終わります。
キャラクターごとに深く作りこまれているのでIdentity Vの世界観が好きな方はほかのキャラクターについても見てみてください!

↓【Identity V(アイデンティティ)】攻略トップページはこちら【第5人格】

【Identity V(アイデンティティ)】攻略トップページはこちら【第五人格】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です