[ぬらりひょんの孫]かつて人は妖怪を畏れた[漫画][完結済]

 

かつて人は妖怪を畏れた

img_0662

その妖怪を束ねていたのが

img_0663

魑魅魍魎の主[ぬらりひょん]であった

 

 

浮世絵町にはとある極道一家があった。

img_0665

奴良リクオ(ぬらりくお)

この極道一家の若であった

 

そしてこの一家を作ったのが

img_0666

ぬらりひょん

 

リクオのおじいちゃんである大妖怪である

 

そんなおじいちゃんをリクオはとても尊敬していた。

 

その日リクオ学校に行った

そこで知った真実

img_0667

妖怪は英雄ではない

 

空想の産物であり

img_0668

悪党であると

 

img_0670

そんな中、リクオを三代目総大将とする集会が行われた。

img_0671 img_0672

しかし不穏な空気が漂う

 

 

 

次の日の学校

img_0673

リクオは帰りのバスには乗らなかった

妖怪の真実知ってしまったから

 

 

 

しかしそのバスは謎の落石事故襲われてしまう

img_0676

友達が妖怪襲われた

大切な友人が

 

img_0677

その時リクオ体に異変起きた

img_0678

理由は明白だった

img_0680

総大将ぬらりひょんの血4分の1継いでいる

それだけで説明できた

 

 

その頃トンネルでは妖怪が大総統の座狙って計画を実行しようとしていた

img_0681

皆殺しを

 

その時

 

本家の到着

img_0682

 

小さきものを殺しを優越感に浸っている

img_0684

そんな奴をリクオは許さなかった

 

 

 

「畏れ」それは

img_0685

人々に畏敬の念さえも抱かせる

三代目総大将は「リクオ」

 

 

そう思ったのだが…

img_0686

1日の4分の1しか妖怪になれない

 

 

それから数年後

 

いまだに後継が決まらず

立派な人間

img_0689

となったリクオの姿があった

 

 

果たして今後のリクオの運命は

そして裏で渦巻く影

次回の記事をお待ちください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です