【Identity V(アイデンティティ)】BOT(ボット)の特徴・出現条件について【第五人格】

【Identity V(アイデンティティ)】BOT(ボット)の特徴・出現条件について【第五人格】


こちらではIdentity VのBOT(ボット)の特徴・出現条件についてまとめていきたいと思います。
試合展開としては慣れてしまうと圧勝できる相手なので好き嫌いが極端に分かれてしまうのですが、その特徴を上手く理解することでサバイバーやハンターの推理を効率よく進めることが出来るので是非参考にしてみてください。

・BOT(ボット)の出現条件

まずボットの出現条件としては

①戦闘回数が少ない
②プレイヤー数が偏っている
③自分の品性ランクが低い

などの条件からランダムでこの状況が起こります。

・サバイバーのBot(ボット)の行動

①暗号機や脱出ゲートの場所を把握している(最短距離で移動)
②基本的に怪我をしていても止まらず暗号機やゲートへ向かう。
③自分を回復してくれない・回復もさせてくれない。
④その他隠れたり特殊な行動をしない。

・ハンターのBot(ボット)の行動

①暗号機や脱出ゲートを順番に見回る。
②音を鳴らすとその方向に向かっていく。
③視界は一直線で見失いやすい。
④攻撃は1回止まった後にもう1度動きなおす。
⑤板を受け足り少し距離をとってもすぐ諦める。
⑥サバイバーを吊ったらすぐその場から離れる。

・上手いBOT(ボット)の利用方法

Botはあまり試合として面白くなくなってしまい、苦手な人も多いです。
しかしこれらの特徴を上手く使えば
例えば「ハンターに板を3回当てる」というものなど難しい条件を簡単に達成できるなどのメリットがあります。
ただし相性の悪いものとして「回復を何回する」という様なクエストはそもそも回復させてくれないし、脱出もすぐしてしまうためクリアが難しいです。
この様に状況によっては高難易度クエストをボットを利用して完了できるのでおすすめです。
さらに点数稼ぎとしてチェイスなどでポイントを稼ぎまくる事も出来る為、育成にも丁度よいですので上手く利用しましょう。

↓【Identity V(アイデンティティ)】攻略トップページはこちら【第5人格】

【Identity V(アイデンティティ)】攻略トップページはこちら【第五人格】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です