[デスノート]デスノートのルール まとめ ②所有権編

 

デスノートのルール②

 

 

 

・所有権編

前回の記入時のルールについてはこちら↓

[デスノート]デスノートのルール まとめ ①ノートの記入時のルール編

 

 

sotohan_death_note7_img002

・所有権の発生

1.このノートは人間界にたどり着いた時点人間界の物となる

2.所有者もしくはノートに触れた人間はその持ち主である死神の姿や声が認知出来る

3.人間界に来ている死神が死んだ場合、そのノートは人間の物となる、しかしそのノートを拾えるのは死神を認知出来る人間に限る

4.3の例外として別の死神が拾った場合にはその死神の物となる

death-note-death-note-16486767-500-313

・所有権による影響

5.デスノートを紛失した場合490日以内再度手にしなければその所有権を失う

6.デスノートを渡している時所有者が死んだ場合その所有権は移る

7.2冊以上のノートの所有権を持っていた時片方の所有権を放棄した場合その方の死神の姿認知できないが2つのノートに関する記憶は残る

8.ノートの所有権を失うとそのノートにつく死神の姿や形認知できなくなり、ノートに関する記憶失う

9.所有権を無くしたノートの所有権を再び得ればそのノートに関する記憶は戻る、また触れた場合記憶が戻る、しかしこれは同じノート6回までしか記憶を戻すことが出来ない

10.デスノートの所有者以外でも、顔と名前の認知があれば所有者と同様の効果が得られる

11.所有権は自分のまま人に貸すことは可能である

12.デスノートを借りた側の人間には死神は憑か無い、また借りたものには死神の目の取引はでき無い

13.人間界でデスノートを持った人間同士でも相手のデスノートに触れなければ相手の死神認知する事は出来無い

14.デスノートの所有権を放棄した時記憶が無くなるのは過去に人をノートで殺した経験が有る場合である、ただし死神の認知や死神の目の能力引き継がれ無い

59b735e87dd018393c537ab802aaba14378d79a01389697044

・ノートが複数有る場合(最新の映画で重要となってくる)

15.2冊以上ノートを所有した場合、同じ人間を思い浮かべれば1冊に名前もう1冊に死因や死の状況を書いても効果がある、また所有権の異なる2つのノートの場合でも互いのノートに触れ合っていれば可能である

16.人間界で同時に存在して良いのは6冊まで死神の所有するノートはこの数に入ら無い、またノートに憑く死神も6匹までである

17.仮に人間界に7冊目のノートが存在し、人間が使ったとしてもそのノートは効力を持た無い

18.7冊目以上のノートが人間界にある場合、その効力が有るのは人間の手に渡った早い順の6冊である、1冊効力を失ったり死神が所有または持ち帰った場合7冊目効力を得る

image

以上がノートの「所有権」に関するデスノートのルールでした

後半のノートが複数冊出るルールは最新の映画に深く関係してくるであろうルールですね!

次の記事はこちら↓

③死神の掟編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です