【Undertale】報告書17について(ガスターの謎)

【Undertale】報告書17について(ガスターの謎)

Undertale(アンダーテール)には多くの裏設定が存在します。
その中でも特に深いのが「ガスター」についての謎です、今回はこのガスターの正体について迫る要素の一つ「報告書17」について説明していきたいと思います。
報告書17は「Room値」がとある条件の時に出現する改造すると出現する要素です。
Undertale(アンダーテール)には隠し要素として「Room値やFun値」というものが設定されており、ゲームのロードを繰り返すごとに値をランダムに取ります。
そしてとある範囲の数字で「特定の場所」へ行くと特殊なイベントが発生することがあります。
PC版のUndertaleではRoom値はをデータの書き換えで特定の値へと変更も出来ますが、PS4版、Vita版、Switch版のUndertaleではその様な改造が出来ないので入る事はできませんので、こちらでその内容について紹介していきたいと思います。

報告書は「Pルート後半」に「1~22」まで存在します、しかし探索していても「報告書17」だけは見つからない様になっております、そしてこの報告書17はストーリー中では発見できない様になっています、今回はこの報告書17について発見の仕方について紹介していきたいと思います。

・報告書17の見方、内容(Room値=264)

 

まず報告書17を見るには「Undertaleのテキスト内のRoomという値を264」と変更した後にゲームを開始すると入ることが出来ます。
開始すると画面に謎の言語が流れます。
それぞれのガスターの記号には「英単語」がそれぞれ設定されており、英文になっております。

・英文

ENTRY NUMBER SEVENTEEN
DARK DARKER YET DARKER
THE DARKNESS KEEPS GROWING
THE SHADOWS CUTTING DEEPER
PHOTON READINGS NEGATIVE
THIS NEXT EXPERIMENT SEEMS
VERY
VERY
INTERESTING
WHAT DO YOU TWO THINK?

・日本語訳

報告書No.17
暗く、より暗く、さらに暗く
暗闇は広がり続ける
影は深淵を切り裂いている
光子の値は負である
この次の実験は
非常に
非常に
興味深いものになるだろう

君たち二人はどう思う?

・考察

ガスターの研究内容だと思われるこの報告書には「完全な闇」が出来たことを示す内容となっています、これ自体が目的なのか他の目的があるのかは不明だが、ここには光の存在を示す要素「光子が存在しない」完全な闇であることを示しています。
この実験結果はこの報告書からでは分からないが
最後に「二人」に話しかけています、この二人は誰であるのだろうか、ガスターの兄弟として「サンズとパピルス」の二人の可能性もあると考えられます。

↓Undertaleの全ての記事はこちら

http://torik0419.com/2017/08/26/undertale-%e6%94%bb%e7%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です